友達つくろう

平成27年6月28日

紙芝居「B-Pの生涯」がご縁で知り合った、富山県の南砺第3団さんと文通をします。

初めに、南砺第3団カブスカウトのみなさんが手紙を書いて送ってくれましたので、
隊集会とは別の機会に集まって、返事を書くことにしました。



南砺第3団さんのことを知るため、○×クイズに挑戦中。



第2問
江南市と南砺市、面積が大きいのは江南市である。

答えは「×」
南砺市の面積は江南市の22倍もあります!




クイズは結局、全問正解者なしでした。
一人だけ第5問まで行ったんだけどなあ...残念!
さあ、それでは手紙を書きましょう。



多くのスカウトは家で下書きをしてきたようです。
じゃあ、すぐに書けちゃうね。
と、思いきや、意外に時間がかかっています。


ん? 行き詰まった?


 

うさぎスカウトが、なにやら思案顔です。


女子スカウトは元気いっぱい。


 

一回目はあて先の住所を書かず、全員分をまとめて送ります。

みんな、送る相手を思い浮かべながら書けたかな?





手紙を書き終わってから、カブの完修面接がありました。
江南第1団では初めての試みです。
まずは、うさぎスカウトからです。

 

二番手は、しかスカウト。
緊張してるのかな?


くまスカウトは組別に行いました。これは1組。

 

最後に2組のくまスカウトです。

カブの面接は初めてでしたが、スカウトの、普段は見られない
一面が見えたりして、なかなか有意義でした。
カブスカウトにも良い経験になったと思います。
これからも続けて行く予定です。