平成25年11月度隊集会

ハイキング

平成25年11月9日 
江南市、岩倉市、小牧市内


ハイキングと聞くと野山を連想するが、班長次長達は江南市の南を希望。

南では、市街地と畑で野山をハイクとはいかないけど。

名古屋まで行くと往復30Km、帰ると暗くなっている。

そこで、岩倉から小牧を廻って来ると約22Km、程よい距離だ。

順調にいって5時間、余裕を見て6時間というところか。

朝から地図に方眼線を引かせて、ポイントを確認していると、それだけで1時間位取られる。

方眼線を引くのは、班長か次長。であればグリーンバー会議の中でがんばってもらうことに。


副長の嘆き
街中のハイクでは座標読みもコンパスも要らない。
地図上で目的地を見つければ、歩くにはコンパスも地図もいらない。
どこかで、コンパスを使って偏差も体験させたいな〜。




11月3日のグリーンバー会議、出席は班長次長1名ずつ、ふくろう、わし班それぞれ代表がいるのでよしとしましょう。
スケジュールや活動内容等の確認後、次週使う地図に方眼線を書き込んでもらいます。
 

この後、座標読みの復習と方位コンパスの使い方の確認を予定してたのに、二人とも部活でハイクは欠席とのこと。書き込み済みの地図は預かることに。




当日集合時間に集まったのは、各班3名ずつの6名です。
事前に方眼線を引いてあるので、早速ポイント探しにかかります。

 

どちらの班もポイント探しに四苦八苦。ハンドブックを広げて改めて確認しています。(やはり班長にはグリーンバー会議で復習させたかった。)



わし班が、先にポイントを確認してルートを設定して隊長確認を終えました。出発準備をして出発報告を行います。

 

地図を確認しながら出発しました。第2ポイントがチョッと曖昧なままだけど大丈夫だろうと出発させたが、後で予想外のことが。



ふくろう班もポイント探し終了。チョッと遅かった分全4ポイントしっかりチェックされていた。裏画面に地図の雰囲気を載せました。

 

程よい時間差ができました。それでは、車に気をつけて、がんばって行ってらっしゃい。



先行のわし班はチョッとペースが遅かった。地図上で予想時間の確認方法を指導。この写真を撮る頃は、ほぼ予定時刻に戻っていた。

 

こちらは、順調に通過していきます。でも一応予想時間の確認方法をチェック。後方から2〜3分遅れで全行程を歩かれた副長がやってきます。



第1ポイント到着。指定ポイントは岩倉市のお祭りで立ち入り禁止になっていました。1筋手前のコンビニ駐車場をお借りして待っていました。

 

ふくろう班も到着です。入れ替わりにわし班は出発していきました。



あれ〜、後発のふくろう班が来た。わし班はルートを変更しているようなので、それらしい道を探してみました。何本か探してみたけど見つからない。第2ポイントに到着する写真を撮るため先に移動して、第2ポイントで待つことに。

 

第2ポイント到着も後発のふくろう班が先です。後方は名古屋空港の滑走路北端です。わし班どこ行ったの〜。



ふくろう班は、この公園でお昼を食べて出発します。わし班はまだ来ない。国道を越える時、偶然にも途中参加者が合流したと連絡もらった。そこからでも遅いので別の公園等々を探している時に、到着の連絡をもらった。

 

予定時間(指導者の勝手な予定)を1時間程、遅れて到着。
どこ行ってた?岩倉の公園で早めのお昼を食べてました。
国道を越えてからは?ポイントのブロック内の社寺公園を順に回ってた。それも遊具をチェックしながら。これにはポイントをしっかり確認せずに出発させた指導者も反省です。


ふくろう班、第3ポイント到着、スタート時から順調な足取りです。あら、この班は3人のはずだけど。それに、にこやかに歩いている人の年齢は3人の合計より確実に高いぞ。
 

やっと、このポイント間は予定時間で到着です。小学生組みは、ペースが変動して疲れた様子。



この区間が一番短いし、通りなれた道でもあるのでがんばりましょう。でも、車の少ない道を選んでね。

 

ほぼ予定時間で歩ききったふくろう班は、待ちくたびれてました。




全行程の測定距離は22Kmで5時間30分の予定で。

休憩、昼食などを見て6時間30分、遅れても7時間を予定していました。

それに、予定時間の遅れ=コースミス、事故、トラブルetc、先入観が強すぎました。

最初に書いたとおり、ポイントさえ分かれば地図もいらない位のコース。

もっと子供達の行動を考えねば。

今回はいろいろ反省する1日になりました。