1月隊集会  釣 り&サイクリング

平成24年1月29日 於:入鹿池


唐突ですが、お宅のお子さんはボートを漕ぐことが出来ますか?

1月の隊集会では、技能目標である釣りにチャレンジします。
釣り場である入鹿池には、最近見かけなくなった手漕ぎボートがあるのです。
そのボートに乗って、わかさぎを狙います。

【わかさぎ、鰙、公魚、若鷺、キュウリウオ科の硬骨魚、背びれ後方に脂びれがある、
背面淡青色、腹面銀白色、側面に淡黒色の縦帯がある(広辞苑より)】

わかさぎは、寒い時期しか釣れないのですが、調度、寒波が来ており釣果が期待できます。
また、入鹿池は本部のある江南市から約15kmのところにありサイクリングにもなります。

今回は、釣りが目的のため全員揃って入鹿池に向かいます。

さて、釣果はどうなるでしょうか?

     
 今日は、開会セレモニーの前に、集合場所等で日頃お世話になっている古知野神社境内の落ち葉掃除を行います。    集合時間を30分早めて全員で奉仕活動をします。
30分では広い境内を掃除しきれませんが、奉仕の気持ちを大切にしたいと思います。
     
 国旗掲揚の後、当番のバッファロー班がなにやらもめています。どうやら歌の指揮に自信が無いようです。何事も経験です、頑張りましょう。    寒そうですね~、なにせ寒波が来ていますから。
セレモニーは、体調が悪くなければ基本的に制服で行われます。隊長から今日の目的と注意事項が説明されます。
     
 しっかり防寒対策をして、まとまって入鹿池を目指します。
班長クラスは、通いなれた道ではありますが、地図でコースを確認して出発します。準備はいいですか~?
   イーグル班の班長を先頭に班順に出発です。
     
 ここまでは順調に来ていますね。江南市から大口町に入った所、ヤマザキマザックの手前を通っています。    41号線を越えると田園が広がります。奥は大口工業団地です。少し間が空き始めましたね。
     
 犬山市に入って、羽黒駅南の五条川沿いを進んでいます。
2ヶ月もすると桜が奇麗でしょうね。
   まもなく桜並木とお別れです。長者町団地を避けて入鹿池を目指します。後ろで手を上げているのが居る。近づいたらピースサインでした。
     
 ここまでは、ゆるい上り坂でしたが、ここから一気にゴールまでのぼりがきつくなります。
奥に見えるのが入鹿池の堤防です。
   入鹿池です。先導役の班長がトップなのは分かりますが、最後の坂で、体力と自転車勝負です。裏側の写真までがトップ集団です。その後は一気に差が出てます。
 
 入鹿池で~す。ボーイ隊の予約ボート以外はみんな出払っていました。
     
 ボートは五隻、まずはキチンと漕ぐことが出来る4人を艇長に任命。    各艇に経験を踏まえて割り振ります。欠席者があり、1隻残ってしまったので、今回はリーダーが巡視用に使います。
     
 ライフジャケットを着て、いざ出陣。
ちなみに黄色のジャケットが小さいサイズ、オレンジが一般用です。
   こちらは、余裕ですね。
一杯釣ってきてね。獲物はお昼に唐揚げにしてあげますよ。
     
 慎重派のようです。先に仕掛けを作ってから出発するそうです。しかし、前後で変な動きをしています。10本も針が付いており、早速自分を釣った様です。    出廷時には、撮る前に見えなくなっており、後から探し出して撮ったスナップです。
     
 お昼です。(と、言っても1時頃ですけど)
冷えた体には、トン汁が身にしみます。それにわかさぎの唐揚げ。(内緒の話ですが、前日の釣り客のおすそ分けです。水葉亭さんありがとう)
   一杯料理が並んでいます。ボーイ隊では、考えられない物ばかり。女性リーダーのお蔭でもあります。寒い中での活動に付き、大サービスですよ。
     
 戻る前にはお世話になった水葉亭さんにお礼の挨拶をしました。来年もよろしくお願いいたします。    帰りも同じコースで戻りますが、ここの700mくらいだけは、側道も無い危険箇所です。一列に並んで最後尾を隊長が押さえて通り過ぎます。
     
 閉会セレモニーで隊長の言葉を制服姿で聞いていますが、さすが、15km走って来たばかりなので、寒い素振りもありません。    朝のお約束で、歌の指揮を担当するけれど、隊長に助けてもらっています。
閉会後、課題のサインをもらったのが1人だけだったけど、後の子はいいの?チャンとチェックしないと進級できないぞ。
家に着くまでが集会です。気をつけて帰ってね。
     
昼食後、まだ釣りたいというスカウトも居ましたが、予定時間もあり却下されました。

 結局、発表できる釣果はありませんでした。なので、まだ釣りたいと、心構えは立派です。

聞くところによると、前日と違って、水温が低すぎて他の釣り客もほとんど成果が無かったそうです。

延長却下は、時間もありますが結果オーライでしたね。

日程が決まっているので、天候を見て活動することが出来ません。来年こそは……。

しかし、お手伝いに駆けつけていただいた団員がスカウトの到着前に少し釣り上げていました。(ムゥーーー)

今回も事故もケガも無く終了できたことに感謝です。

画面トップへ